| TOP | アロマクラフト、花粉症対策アロマセラピー >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサーサイト | - |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ

アロマクラフトで手作りする意味

アロマクラフトは簡単で、安く、楽しく作れるものがたくさんあります。四季の移り変わりや心と体のリズムを感じながら、あなたの目的に合わせてアロマ化粧水やアロマクリームなど手作りすることをぜひ選択肢のひとつに加えてください。

私たちが毎日使うシャンプー、化粧品、歯磨きなど日用品の中にはたくさんの石油合成化学物質が含まれています。とても便利ですが、発ガンリスクなど有毒と疑われています。石油合成化学物質が含まれた日用品を使うことで皮膚から有害成分が侵入し、いろんな病気の大きな原因になっているのではないかと言われています。

アロマクラフトは自分で中身や成分の把握ができます。アロマクラフトの魅力は原材料から厳選できる安心感と材料費のみでできる安さです。作り方も簡単ですし、台所にある材料で気軽に作ることができます。

気をつけていてもまったく防ぐことが難しいともいえる現代の環境では、デトックス機能を持つ肝臓の強化を図ること、成分を確認して、安全性の高い製品を選ぶことなどが必要になってきます。

ここではふたつの化学物質成分を紹介します。

ラウリル硫酸ナトリウム 発泡剤・洗浄剤・合成界面活性剤
もとは、エンジンやガレージの洗浄剤・潤滑剤・不凍液などとして使われていた猛毒扱いの合成化学物質。脂肪を除くので皮膚が乾燥して荒れる。目に悪影響をおよぼし障害を招く。アレルギーを引き起こす。動物実験では受精卵死亡の報告がある。

エデト酸塩 保存剤・変質防止剤
皮膚、粘膜、目を刺激する。ぜんそく、皮膚発疹などのアレルギーを起こす。経口摂取されるとカルシウム欠乏症の原因となり、血圧降下、腎臓障害を起こす。

(参照:食品・化粧品危険度チェックブック)


手作りのアロマクラフトは、豊かな食卓が体を健やかにするように肌や体、心を生き生きとさせてくれることでしょう。

手作りクラフトの楽しみも味わいながら、お金をかけずにキレイになりましょう。

JUGEMテーマ:アロマテラピー


| アロマクラフトで手作りする意味 | アロマクラフトの作り方 |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ

スポンサーサイト

| スポンサーサイト | - |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ