<< アロマセラピーのメリット、デメリット | TOP | アロマクラフト、グリセリンソープの作り方 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサーサイト | - |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ

アロマクラフト、アロマクレイパックの作り方

※アロマクレイパックの作り方
1. クリーム容器(小皿)に、クレイを計量していれます。
2. 1.に 精製水を加えます。
3. エッセンシャルオイルを加えて、よく混ぜ合わせたら出来上がり。
4. 伸びの良い、ペースト状のクレイパックになります。

※アロマクレイパックの材料
クレイ 40g
精製水 40ml
キャリアオイル(ホホバオイルなど) 小さじ1
エッセンシャルオイル2滴

精製水のかわりにフローラルウォーターまたはハーブティを加えてもよいです。キャリアオイルの代わりにヨーグルト(美白)、蜂蜜(保湿)、泡立てた卵白(収斂、美白)などを加えるとリッチなアロマクレイパックができます。(この場合は1回使いきりで作りましょう)

アロマクレイパックは肌がくすんできたなと思ったら手軽にできます。目の周りを避けて塗り、10分ほどおいた後によく洗い流します。アロマクレイパックは、週に1,2回程度を目安にしてください。作ったアロマクレイパックは冷蔵庫で保管するとよいでしょう。

アロマクレイパックを作ったらレシピ(使用したクレイ、精油、滴数)と日付をメモしておきましょう。

クレイには、血液の循環と発汗を促進し、体調を整える効果があるので、少し掃除が大変ですが、お風呂に入れてアロマクレイバスもオススメです。

※クレイ
大地の粘土層から採れる粘土で、ミネラル分の違いで色が異なり、一般的にホワイトクレイ、ピンククレイ、イエロークレイ、レッドクレイ、グリーンクレイなどがあり、それぞれ多種のミネラルを含み、違った効果があります。クレイは肌が本来持っている、「老廃物を排出する力」と「必要なものを取り込む力」を正常化すると言われています。たくさんの種類のクレイがありますので、お気に入りを見つけましょう。

ホワイトカオリン⇒天然の花崗岩からできた粘土で、ミネラルを含んでいます。ホワイトクレイはマイルドなクレイで、ホワイトカオリンはどんな肌タイプにもお勧めです。
ピンククレイ⇒ホワイトとレッドの混合クレイでフェイス&ボディのメンテナンスに適します。ピンククレイは穏やかに作用し、敏感肌・乾燥肌にもお勧めです。
モンモリロナイト(モンモリオナイト)⇒グリーンクレイ。脂性肌、ニキビができやすい方にお勧めです。モンモリロナイトは吸着力に優れているので、毛穴の汚れや肌の深部の汚れを落としたいときに使うといいでしょう。
ガスール⇒モロッコ生まれのお肌にやさしい粘土(クレイ)です。

⇒クレイが安い楽天のお店はこちらをクリックしてチェック!

JUGEMテーマ:アロマテラピー


| アロマクラフト、アロマクレイパックの作り方 | アロマクラフトの作り方 |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ

スポンサーサイト

| スポンサーサイト | - |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ