スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサーサイト | - |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ

アロマクラフトで手作りする意味

アロマクラフトは簡単で、安く、楽しく作れるものがたくさんあります。四季の移り変わりや心と体のリズムを感じながら、あなたの目的に合わせてアロマ化粧水やアロマクリームなど手作りすることをぜひ選択肢のひとつに加えてください。

私たちが毎日使うシャンプー、化粧品、歯磨きなど日用品の中にはたくさんの石油合成化学物質が含まれています。とても便利ですが、発ガンリスクなど有毒と疑われています。石油合成化学物質が含まれた日用品を使うことで皮膚から有害成分が侵入し、いろんな病気の大きな原因になっているのではないかと言われています。

アロマクラフトは自分で中身や成分の把握ができます。アロマクラフトの魅力は原材料から厳選できる安心感と材料費のみでできる安さです。作り方も簡単ですし、台所にある材料で気軽に作ることができます。

気をつけていてもまったく防ぐことが難しいともいえる現代の環境では、デトックス機能を持つ肝臓の強化を図ること、成分を確認して、安全性の高い製品を選ぶことなどが必要になってきます。

ここではふたつの化学物質成分を紹介します。

ラウリル硫酸ナトリウム 発泡剤・洗浄剤・合成界面活性剤
もとは、エンジンやガレージの洗浄剤・潤滑剤・不凍液などとして使われていた猛毒扱いの合成化学物質。脂肪を除くので皮膚が乾燥して荒れる。目に悪影響をおよぼし障害を招く。アレルギーを引き起こす。動物実験では受精卵死亡の報告がある。

エデト酸塩 保存剤・変質防止剤
皮膚、粘膜、目を刺激する。ぜんそく、皮膚発疹などのアレルギーを起こす。経口摂取されるとカルシウム欠乏症の原因となり、血圧降下、腎臓障害を起こす。

(参照:食品・化粧品危険度チェックブック)


手作りのアロマクラフトは、豊かな食卓が体を健やかにするように肌や体、心を生き生きとさせてくれることでしょう。

手作りクラフトの楽しみも味わいながら、お金をかけずにキレイになりましょう。

JUGEMテーマ:アロマテラピー


| アロマクラフトで手作りする意味 | アロマクラフトの作り方 |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ

アロマクラフトに必要な道具

アロマクラフトに必要な道具は何を作るかによって違ってきます。アロマクラフト初心者のために必要な精油やオイルなどの計量済みの基材をセットにして販売しているお店もあるので、利用してもいいでしょう。

アロマセラピーグッズを扱うお店でクリームに使うみつろうや、ハーブ各種、オイルなどは手軽に手に入れることができます。

スプレーボトルなどのガラス製の容器、クリーム容器の他に、乳鉢、はかりや計量スプーン、陶器の小容器、ビーカーやマドラーもあると便利ですね。

乳鉢は固体を粉砕または小さくために使用するすり鉢のことです。ハーブを細かくするときなどに使用します。原料のすりつぶしには必需品です。手作りコスメ、ハーブティを作るとき、料理のスパイス作り等にも重宝します。

最近では100円ショップでも様々容器がありますが、アロマクラフトの保存用の容器には、ガラス製の遮光ビンがオススメです。
なぜかというと、使う精油によってはゴムが溶けたりプラスティックが変質したり、臭いが取れなかったりするからです。

ガラス製の容器は煮沸消毒して何度でも使えます。
アロマ化粧水などコスメに使う場合は特にケチらずいいものを厳選して信頼できるメーカーのガラス製や陶器製の容器を用意しましょう。

薬局で簡単に手に入るアロマクラフト基本材料には精製水、グリセリン(保湿用)、無水エタノールなどがあります。

他にもスーパーで手に入る驚きの材料がアロマクラフトに早変わりです。

あなただけのオリジナル手作りアロマクラフトで最高のキレイを手に入れましょう。


⇒アロマクラフト容器が安い楽天のお店はこちらをクリックしてチェック!
JUGEMテーマ:アロマテラピー


| アロマクラフトに必要な道具 | アロマクラフトの作り方 |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ

アロマクラフト 基本の煮沸消毒の方法


手作りアロマクラフト生活を快適に送るため器具の煮沸消毒の方法をマスターしておくと便利です。

まず、アロマクラフトのための器具は使う前に必ずすべて石けん洗浄します。

せっかく手作りアロマクラフトで添加物を加えずに作ったりするわけですから、
合成洗剤ではなく無添加無香料の純石けんを使いましょう。100円前後で食器洗いにも使えますよ。

例えば、計量スプーン、ビーカーや計量カップ、マドラー、アロマクラフト保存用の容器などです。

石けん洗浄の後はよーーくすすぎます。

大きめの清潔な鍋に水を張り、アロマクラフト保存用の容器などを入れます。水のうちにしっかりとビンの内側にも水が入るように沈めます。
その後火にかけます。

弱火で5分間の煮沸消毒をします。弱火でというのがポイントです。強火でボコボコ沸騰させるとビンが割れてしまう可能性があります。

火を止めたら熱いうちにトングなどを使って取り出します。やけどには十分注意してください。

しっかりと水蒸気を飛ばして完全に乾かします。

基本は石けん洗浄+煮沸消毒です。

赤ちゃ用の哺乳瓶消毒器を持ってる人はそれも使えます。

簡単?いや、ちょっと、かなり面倒くさい?

哺乳瓶消毒器なんて持ってないし…

そんなあなたのために電子レンジで煮沸消毒の方法こっそり伝授しちゃいます。

JUGEMテーマ:アロマテラピー


参照記事:アロマクラフト電子レンジ煮沸消毒の方法
| アロマクラフト 基本の煮沸消毒の方法 | アロマクラフトの作り方 |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ

アロマクラフト 電子レンジ煮沸消毒の方法

電子レンジ煮沸消毒。簡単なので是非一度試してみてください。

1)アロマクラフトのための器具は使う前に必ずすべて石けん洗浄します。

せっかく手作りアロマクラフトで添加物を加えずに作ったりするわけですから、
合成洗剤ではなく無添加無香料の純石けんを使いましょう。100円前後で食器洗いにも使えますよ。

例えば、計量スプーン、ビーカーや計量カップ、マドラー、アロマクラフト保存用の容器などです。

石けん洗浄の後はよーーくすすぎます。

2)電子レンジのトレイにアロマクラフト保存用の容器などを置きます。レンジの熱が均等に伝わるように置くのがポイント。

3)700Wで5分加熱 600Wで7分程度 それ以下の場合10分くらいで最初は様子を見ながら加熱してみてください。

4)取り出す際アロマクラフト保存用の容器などは相当熱いので本当に注意してください。

5)水滴が蒸発するように、しばらく置いておきます。

6)冷めてアロマクラフト保存用の容器などの水滴が無くなったら、煮沸消毒終了。お疲れ様でした。

アロマクラフトは防腐剤などほとんど入れないのでちょっとした手間と工夫が必要です。
ちょっとだけ消毒や保存方法に気をつけて、アロマクラフトでお肌をうるおす快感を味わいましょう。


JUGEMテーマ:アロマテラピー


| アロマクラフト 電子レンジ煮沸消毒の方法 | アロマクラフトの作り方 |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ

アロマクラフトははちみつ、ヨーグルト身近なものが使える!

手作りアロマクラフトにおいて、はちみつは身近で使いやすい素材です。はちみつは保湿効果が高く粘膜にもやさしいのです。
炎症に対して保護修復作用、殺菌効果があります。化粧水やパックに入れてもいいし、入浴剤としても使えます。

はちみつとみつろうを使ってリップクリームやハンドクリームを作れば、春の野で思わずスキップしたくなるような
みつみつリップ、みつみつクリームの出来上がり。

アロマクラフトはその他ヨーグルト、生クリーム、小麦粉、卵黄、卵白、コーンスターチ、日本酒、ウォッカ、スキムミルク、
天然塩などスーパーで購入できる食べれるものが材料に使えます。

最近は、重曹やクエン酸も手に入りやすいですね。

重曹はベーキングソーダともいいます。重曹は血管を拡張し、血行を促進する働きがあり、疲労回復、神経痛、肩や腰の痛みや凝り、冷え性、皮膚の活性化などに効果が期待できます。
重曹は掃除や洗濯、消臭と幅広く使えるのであると便利です。

アロマエッセンシャルオイルを加えることでさらに美肌効果!若返り効果!の手作りアロマクラフトができますね。何よりいい香りは人を幸せにします。

⇒みつろうが安い楽天のお店はこちらをクリックしてチェック!
JUGEMテーマ:アロマテラピー


| アロマクラフトははちみつ、ヨーグルト身近なものが使える! | アロマクラフトの作り方 |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ

アロマクラフト、アロマバスソルトの作り方

●アロマバスソルトのレシピ

天然塩 1/4カップ
+ベーキングソーダ(重曹) 大さじ1
+好みのエッセンシャルオイル4-6滴


●お肌しっとりミルクバスのレシピ

ミルクパウダー(スキムミルク)  1/4カップ
+好みのエッセンシャルオイル4-6滴

他にはちみつ、日本酒もオススメです。陶器やガラスにとり、精油を加え、スプーン(ステンレスか木製)でよくかき混ぜます。浴槽のお湯に入れ、よくかき混ぜてから入浴します。はちみつで作った入浴剤はそのつど使い切るようにします。

アロマバスソルトを作りおきする場合:密閉のガラス容器に入れ、レシピ製造日を書いたラベルを貼り、高温多湿を避け保存。1ヶ月以内に使い切りましょう。

ベルガモットなど光毒性のある精油を使う場合は使用後は肌を4〜5時間は直射日光(紫外線)にさらさないように注意が必要です。

幸せな気分に浸りたいときにオススメのアロマエッセンシャルオイルは、イランライン/ジャスミン/ローズなどです。

リラックスしたいときにオススメのアロマエッセンシャルオイルは、オレンジ/カモミールローマン/サンダルウッド/シダーウッド/ジャスミン/タンジェリン/フランキンセンス/ヘリクリサム/マジョラム/ラベンダーなどです。
JUGEMテーマ:アロマテラピー


| アロマクラフト、アロマバスソルトの作り方 | アロマクラフトの作り方 |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ

アロマクラフト、アロマシャンプーアロマリンスの作り方

1)無香料液体石けんシャンプー 50ml
2)エッセンシャルオイル 5〜10滴(0.5〜1%)

保存用容器に1)をいれ、好みの精油2)を入れ、よく混ぜれば出来上がりです。アロマリンスも同じ要領で作ります。保存用容器にレシピ製造日を書いたラベルを貼っておくといいです。使う際は良く振ってから利用してください。

髪、頭皮にオススメのエッセンシャルオイルはラベンダー、レモン、ローズマリーなどです。

ラベンダーは、神経をゆるめリラックス効果があります。フケ予防や脱毛予防におすすめです。
レモンは、リフレッシュ効果や血行促進効果があります。髪につやを与えます。
ローズマリーは、疲労回復に役立ちます。フケ対策、枝毛予防におすすめです。

無香料液体石けんシャンプーはネット通販のほかに、百貨店、スーパー、ホームセンターなどで取り扱っているところもあります。無香料液体石けんシャンプーはシャボン玉石けんをはじめ、今ではたくさんのメーカーから発売されています。毎日使うものだから、肌に優しい無添加無香料液体石けんシャンプーを選びたいですね。


⇒せっけんシャンプーが安い楽天のお店はこちらをクリックしてチェック!


JUGEMテーマ:アロマテラピー


| アロマクラフト、アロマシャンプーアロマリンスの作り方 | アロマクラフトの作り方 |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ

アロマクラフト、アロマクレイパックの作り方

※アロマクレイパックの作り方
1. クリーム容器(小皿)に、クレイを計量していれます。
2. 1.に 精製水を加えます。
3. エッセンシャルオイルを加えて、よく混ぜ合わせたら出来上がり。
4. 伸びの良い、ペースト状のクレイパックになります。

※アロマクレイパックの材料
クレイ 40g
精製水 40ml
キャリアオイル(ホホバオイルなど) 小さじ1
エッセンシャルオイル2滴

精製水のかわりにフローラルウォーターまたはハーブティを加えてもよいです。キャリアオイルの代わりにヨーグルト(美白)、蜂蜜(保湿)、泡立てた卵白(収斂、美白)などを加えるとリッチなアロマクレイパックができます。(この場合は1回使いきりで作りましょう)

アロマクレイパックは肌がくすんできたなと思ったら手軽にできます。目の周りを避けて塗り、10分ほどおいた後によく洗い流します。アロマクレイパックは、週に1,2回程度を目安にしてください。作ったアロマクレイパックは冷蔵庫で保管するとよいでしょう。

アロマクレイパックを作ったらレシピ(使用したクレイ、精油、滴数)と日付をメモしておきましょう。

クレイには、血液の循環と発汗を促進し、体調を整える効果があるので、少し掃除が大変ですが、お風呂に入れてアロマクレイバスもオススメです。

※クレイ
大地の粘土層から採れる粘土で、ミネラル分の違いで色が異なり、一般的にホワイトクレイ、ピンククレイ、イエロークレイ、レッドクレイ、グリーンクレイなどがあり、それぞれ多種のミネラルを含み、違った効果があります。クレイは肌が本来持っている、「老廃物を排出する力」と「必要なものを取り込む力」を正常化すると言われています。たくさんの種類のクレイがありますので、お気に入りを見つけましょう。

ホワイトカオリン⇒天然の花崗岩からできた粘土で、ミネラルを含んでいます。ホワイトクレイはマイルドなクレイで、ホワイトカオリンはどんな肌タイプにもお勧めです。
ピンククレイ⇒ホワイトとレッドの混合クレイでフェイス&ボディのメンテナンスに適します。ピンククレイは穏やかに作用し、敏感肌・乾燥肌にもお勧めです。
モンモリロナイト(モンモリオナイト)⇒グリーンクレイ。脂性肌、ニキビができやすい方にお勧めです。モンモリロナイトは吸着力に優れているので、毛穴の汚れや肌の深部の汚れを落としたいときに使うといいでしょう。
ガスール⇒モロッコ生まれのお肌にやさしい粘土(クレイ)です。

⇒クレイが安い楽天のお店はこちらをクリックしてチェック!

JUGEMテーマ:アロマテラピー


| アロマクラフト、アロマクレイパックの作り方 | アロマクラフトの作り方 |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ

アロマクラフト、グリセリンソープの作り方

M&Pグリセリンソープは電子レンジや湯煎で溶かして型に流し込んで固めるだけの簡単ですぐに使えるお肌に優しい石けんです。M&PはMelt(溶かす)&Pour(注ぐ)の略です。グリセリンソープは保湿成分であるグリセリンが多く入っていることからグリセリンソープと言われます。

通常、固形石けんを作るには苛性ソーダという劇薬指定の薬品の使用、作成後3〜4週間熟成させるなど手間ひまかける必要があります。M&Pグリセリンソープならもっとカンタンに工作感覚で手作りを楽しめます。

グリセリンソープはそのまま溶かして固めるだけでも使用感のよい石けんができますが、色や香りを好きなようにつけることができます。

グリセリンソープによってはパラベン、エデト酸塩、プロピレングリコール、ラウリル硫酸塩などが含まれているものもあります。100%ベジタブルベースのピュアグリセリンソープもあります。成分表示で確かめるとよいでしょう。

【グリセリンソープの基本の作り方】

1・グリセリンソープをさいころくらいの大きさにカットします。

2・グリセリンソープを必要な分量だけ重さを量ります。

3・カットしたグリセリンソープを耐熱容器に入れ、電子レンジまたは湯煎で溶かす。(電子レンジ20秒ほどで簡単に溶けます。10〜20秒ずつ様子を見ながらグリセリンソープを溶かしましょう。泡が出すぎるほど熱しすぎないように注意)

4・エッセンシャルオイルを1滴ずつ加えながら溶かしたグリセリンソープをよく混ぜます。

5・グリセリンソープ液を型に流し込み、20〜30分おいてグリセリンソープが固まったら取り出します。取り出しにくいときは、冷凍庫でしばらく冷やすと出しやすくなります。

(参考図書)

親子でつくるかわいい石けん

⇒グリセリンソープが安い楽天のお店はこちらをクリックしてチェック!

JUGEMテーマ:アロマテラピー


| アロマクラフト、グリセリンソープの作り方 | アロマクラフトの作り方 |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ

アロマクラフト手作り化粧水の簡単な作り方

手作り化粧水の作り方は、とても簡単で基本的に混ぜるだけです。 
作りかたも簡単で、材料も手に入りやすい手作り化粧水の作り方をご紹介します。

オイリー肌から乾燥肌まであなたのその時々の肌に合う手作り化粧水のシンプルで簡単な作り方が見つかると思います。

とっても安上がりな価格で作れるアロマ手作り化粧水ですから、安心してじゃばじゃば使いましょう。

アロマ手作り化粧水の材料
精製水(フローラルウォーター、ハーブティ)100ml               
無水エタノール(ウォッカでも可)小さじ1
好みのエッセンシャルオイル1〜3滴

アルコールが苦手の方は、エタノール(ウォッカ)なしで代わりに植物性グリセリン小さじ1を入れてください。植物性グリセリンは保湿効果があります。植物性グリセリンの量は、オイリー肌の人は少なめの量など肌にあわせて調節してください。

アロマ手作り化粧水の作り方
1・容器にエタノール(ウォッカ)を入れます。
2・好みのエッセンシャルオイルを入れてよく混ぜ合わせます。
3・精製水(フローラルウォーター、ハーブティ)を加えよく振って混ぜ合わせます。

アロマ手作り化粧水は冷蔵庫で保存して、2〜3週間で使い切りましょう。アロマ手作り化粧水を使用する前は必ずよく振りましょう。お風呂上りにアロマ手作り化粧水をまんべんなく湿らせたコットンをペタペタ顔に貼り付けるコットンパックをするとグッと肌が輝きます。

オイリー肌にオススメのアロマエッセンシャルオイルは、柑橘系のアロマエッセンシャルオイルなどです。
乾燥肌にオススメのアロマエッセンシャルオイルは、サンダルウッド、ローズウッド、ローズ、ネロリ、ジャスミンなどです。


⇒フローラルウォーターが安い楽天のお店はこちらをクリックしてチェック!
JUGEMテーマ:アロマテラピー


| アロマクラフト手作り化粧水の簡単な作り方 | アロマクラフトの作り方 |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ
| 1/2PAGES | >>